見守りナースコール

フランスベッド見守りナースコールで「24時間365日自動見守り」 を実現し、スタッフの業務負担を軽減します

見守り型ナースコール

Yuiコールの「フランスベッド見守りナースコール」は、フランスベッド連携とセンサーにより心拍数や呼吸数、温度、湿度、動き出し・起き上がり・端座位・離床などリアルタイムでモニタリングする見守りシステムです。無呼吸や過呼吸、夏場の室温上昇などの異常時には自動でナースコールを呼び出すことができます。
入居者の状態を自動で把握することができるので、スタッフの負担を軽減し、いきとどいたケアサービスと看取り介護支援をおこなえます。


Yuiコールとフランスベッドで最適な見守りを

心拍・呼吸を見守る

ベッドに寝たままの状態で、心拍数・呼吸数をセンサーが24時間検知します。手首や身体などに付けるセンサーではないので、外される心配がなくリアルタイムでモニタリングが可能。 過呼吸や無呼吸などの異常状態になった場合、ナースコールを緊急呼び出ししますので、入居者が自分でナースコールの呼び出しができないような緊急事態にも対応することができます。 また、生体情報はデータとして蓄積できるので、健康管理に役立てたり、体調の変化を客観的に捉えることができます。

※ハンディナース(PHS)や事務室の親機やディスプレイに文字と音で通知

心拍・呼吸を見守る

ベッドでの動作を見守る

フランスベッドとの連携で『動き出し』・『起き上がり』・『端座位』・『離床』・『離床管理』が可能。
Yui見守りステーション(一括表示モニター)から入居者の動作をアイコンで分かりやすく把握できるので、夜間の見回りタイミングを図れたり、徘徊防止や転落等の対策も行えます。

ベッドでの動作を見守る

温度・湿度で見守る

室内の生活環境を「温度、湿度センサー」で24時間見守ります。 室内温度が異常数値になった場合、自動でナースコールを緊急呼出しますので、夏場に暖房をかけてしまい、熱中症になるなどの事故を未然に防ぐことができます。

※ハンディナース(PHS)や事務室の親機やディスプレイに文字と音で通知

温度・湿度で見守る

見守りカメラ

居室に設置したカメラで居室の状況を把握します。呼出しがあった際、状況を映像で確認できるので落ち着いて対応することができます。 映像はナースコールの呼出しがあったときだけポップアップ、プライバシーに配慮しながら見守ることができます。 また、廊下や共有スペース、出入り口などのカメラとも連携ができ、徘徊防止や防犯対策も可能です。

※ハンディナース(PHS)や事務室の親機に文字と音で通知。ディスプレイに映像をポップアップ

見守りカメラ

PCモニター・ディスプレイへの表示例

Yui見守りステーション画面 Yui見守りステーション画面

多機能表示機やハンディナースへ通知例

親機やハンディナースへ通知例

『24時間見守り』が介護施設を変えます

スタッフ業務負担の軽減

居室を巡回することなく、24時間大型モニターで『動き出し』・『起き上がり』・『端座位』・『離床』・『離床管理』などの入居者状態を把握することができるから、少数スタッフでも効率的なケアサービスを行えます。
また、心拍停止や無呼吸、室内温度異常などを自動的に通知するので、異常時の発見が遅れることなく、素早い対応が可能です。

質の高い見守り

センサーにより自動で24時間見守るので、スタッフの負担やランニングコスト無しに、より高品質なケアサービスを実現します。生体情報、室内情報はデータとして保存できるので、個別のケア計画に役立てることができます。
質の高い見守りの提供は、付加価値の高い見守り型ケアサービス施設、そして看取り介護可能施設として、施設価値の向上がはかれます。

見守り型ナースコール-システム図

多様な見守りセンサーとフランスベッド、見守りカメラを使用し、入居者の状態・状況をプライバシーを守りながら確認することができるシステム

見守り型ナースコール-システム図
見守り型ナースコールを導入する利点
スタッフの負担軽減と質の高い見守り

自動の見守りを施設へ導入するメリットは、スタッフの負担軽減と高品質なケアサービスを実現できることです。
まずなぜスタッフの負担軽減がおこなえるかと言うと、モニターから入居者の在室/離室、入床/離床などを把握することで、効率的な巡回ができます。他にも室内温度の異常や心拍停止、無呼吸を自動で通知するので、スタッフが常に気にかけなくても入居者の異常に気づけます。
高品質のケアサービスは、生体情報や室内情報をデータとして蓄積することで個別のケア計画に役立てます。これにより付加価値の高い見守りができ、介護施設として価値向上を図れます。