Yuiコールの防犯・見守りカメラ連携(安全見守り・行動把握・防犯向上)

ネットワークカメラとナースコールの連携で、防犯から見守り、徘徊防止まで実現します

防犯・見守りカメラ連携

介護・医療施設に必須となっているネットワークカメラは、防犯・監視目的だけでなく見守りや徘徊防止としても利用できます。 Yuiコールならナースコールとカメラの連動が可能。入居者からの呼出時だけ映像で状況を確認することができ、プライバシーに配慮しながらよりきめ細やかな対応が可能となります。
その他、徘徊の監視や防犯カメラの通知など、ナースコールとの連携でスムーズな施設運営を実現します。


介護現場をまるごと見守る!
防犯・見守りカメラ連携の「見える化」が活躍する3つの場面

ナースコール呼出し時の室内を見える化、緊急度を判断できる!

呼出し状況を映像で確認しながら呼出応対ができる、これまでにない「カメラ連携型ナースコールシステム」。顔を見ながら対応できるので、きめ細かな応対が可能です。
呼出しがあった時だけ映像をポップアップ表示するので、プライバシーを守りながら高品質なケアサービスを提供できます。

呼出時、居室の映像を管理PCでモニタリング

センサーカメラ連携で徘徊を見える化、トラブルを未然に防ぐ!

廊下や出入口に設置したセンサーカメラとの連携で、夜間の徘徊対策が可能に。誰かが通過したらすぐに事務所のモニターに映像をポップアップしてお知らせ、ハンディナースにも通知が行きます。人目が少ない時間帯でも、徘徊に気づいてすぐに対応できます。

廊下・出入口で人物を検知するとカメラが撮影開始、管理PCでモニタリング

施設の防犯対策を強化する見える化で、怪しい人物を見逃さない!

玄関先や駐車場、廊下などにセンサーカメラを設置し、不審者の侵入がないか、訪問者は誰かをリアルタイムの映像で確認できます。
また録画サーバーを設置すれば、映像の録画も可能です。後から見返すこともできるので、施設のセキュリティが向上します。

出入する入居者以外の人物を把握、管理PCでモニタリング

呼出し~映像ポップアップのイメージ

カメラ連携呼び出しのイメージ

多機能表示機やハンディナースへの通知例

多機能表示機(親機)やハンディナースへの通知例

防犯・見守りカメラ連携の最大のメリット

見守りカメラ×見守りシステムの『24時間見守り』が、介護施設を変えます

『防犯・見守りカメラ連携』は、「在室/離室」「入床/離床」「心拍数/呼吸数」などの入居者状態を24時間365日自動で見守る『見守りシステム』と連動が可能です。
見守りシステムが異常を検知すると、スタッフに呼出し通知。見守りカメラが撮影を開始し、事務所の大型モニターに入居者の映像がポップアップ表示されます。頻繁に巡回しなくても入居者の状態を把握できるようになり、「人手不足に対応」「職員の負担軽減」など、介護施設が抱える問題の解決に繋がります。

施設全体の、総合的な安全管理ができる

駐車スペース・出入口・建物裏などの防犯対策なら強固な「屋外用カメラ」、入り口・エントランスホールなど人の流れが多い場所には広い範囲を撮影できる「広角カメラ」、居室内に設置する見守りカメラには目立ちにくいコンパクトな「埋込み型カメラ」…といった風に、対策したい場所や目的に合わせた見守りカメラ(監視・防犯)のラインナップが選択可能です。
ネットワークカメラが必要な所に最適なカメラを設置できるので、 施設全体の「総合的な安全管理」を実現します。

Yuiコール~防犯・見守りカメラ連携の構成図

見守り・防犯など、目的と用途に合わせて選べるネットワークカメラを使用。モニター表示は呼出の時のみで、入居者のプライバシーに配慮しながら施設全体を見守る「防犯・見守りカメラ連携」のシステム構成です。

Yuiコール見守りカメラシステム

防犯・見守りカメラ連携導入事例

見守りカメラのナースコール連携により、効率改善と負担軽減を実現。人手不足の解消に貢献した事例 ≫

施設概要東京都|特別養護老人ホーム|80床

ポイント ナースコールを受けると、見守りカメラが撮影した映像が、事務所のモニターにポップアップ表示されます。入居者の状態が見える化され、事前に訪室の必要性が判断可能となり、効率化に繋がります。