Yui見守りステーション(集中管理システム)

表示板をまるごとソフトウェア化!
入居者の状況や状態がひと目で分かる表示システム

Yui見守りステーション(集中管理システム)

Yui見守りステーション(集中管理システム)は、入居者からの呼出しを一括で表示。スタッフルームの大型モニターへソフトを起動させておけば、どこから呼出しを受けたのかひと目で判断。スタッフの行動がすばやくなります。
また入居者の状況(在室の有無・離床/在床/温湿度・照度環境など)や状態(心拍数・呼吸数)も表示できるので、気になる点があれば確認するなど、作業効率化をはかりながら、入居者に対するより丁寧なサービスを実現します。


呼び出しや入居者の状況・状態をひと目で把握

呼出しをひと目で把握

呼出しをひと目で把握

表示板の機能をまるごとソフトウェア化。 呼出状況を大型モニタへ表示できるので視認性もアップ。呼出中は、赤色点灯、対応済みは緑点灯と切り替わります。(別色設定も可能) また、モニターは複数設置ができるので、手元と壁面、1階と2階、などに同じ画面を表示することができます。 顧客名や付加情報は、施設の方でも簡単に修正や追加をおこなえます。

状況・状態をひと目で把握

状況・状態をひと目で把握

入居者の状況として在室や在床の有無を表示させることができます。入居者が部屋に戻ってきているのか、深夜しっかりとベッドで寝ているのか確認することができます。 また、入居者の表示画面をクリックすると詳細情報が表示され、心拍数や呼吸数などの生体情報をチェックできます。これにより入居者に異常がないか把握する『見守り介護』が実現でき、なにか異常が起こった際はすぐにスタッフへお知らせします。

呼出し履歴をひと目で把握

呼出し履歴をひと目で把握

居室呼出履歴を表示することができます。
履歴は名前や日時での検索が可能。また、データは汎用性の高いCSVデータとして書き出すことができるので、対応計画や施設運営管理に役立てることができます。

【新開発】見守りカメラでひと目で把握

呼出し履歴をひと目で把握

見守りカメラなら、呼出時だけ映像を画面にポップアップするので、プライバシーに配慮した見守りが可能です。
さらに、呼出しがあったときだけ録画を記録する「呼出し録画」を新開発。呼び出し録画の記録は一覧でリスト化されるので、必要な時に簡単に見返すことができます。スタッフの使い勝手と利用者のプライバシー双方に配慮した、使いやすい見守りカメラです。

☑ PCモニター・ディスプレイへの表示例

Yui見守りステーションPCモニター・ディスプレイへの表示例 Yui見守りステーション呼出し画面

☑ 入居者詳細画面

入居者情報、入居者状態を把握できる詳細画面

施設のサービスを向上させるために。

履歴保存のメリット

  • ナースコール呼出し対応の証明

    呼出し対応証明として、対応時間、対応回数の履歴が残せます。万が一トラブルがあったときの証明ができるので、施設の信頼を守ることができます。
  • 呼出し履歴を活用した介護計画の作成

    呼出し頻度の多さでナースセンターの近くに移動するなど、介護計画を立てるためのデータとして活用できます。

タッチパネル対応

Yui見守りステーション(集中管理システム)がタッチパネル式のパソコンに対応しました。 タッチひとつで入居者情報をポップアップできるので、細かなサービス対応が可能です。また無線タイプであれば持ち歩きもできます。

タッチパネル対応

Yui見守りステーション(集中管理システム)構成図

ナースコールシステム「Yuiコール」と連携できるYui見守りステーション(集中管理システム)。呼出ボタンや離床センサー、生体情報センサー等から得た情報をパソコン内で表示し、履歴として情報を蓄積します。

Yui見守りステーション(集中管理システム)
Yui見守りステーションを導入する利点
小数スタッフでも効率的なケアサービスを

Yui見守りステーションを導入する利点とはどのようなものがあるのか、それは少数スタッフでも効率的なケアサービスをおこなえるという点です。
Yui見守りステーションは生活状態見守りシステムと併用して使うことで、自動で入居者を見守ることができます。そして異常があればモニター上へどのような状態なのかを知らせるので、こまめな見回りをおこなわなくても入居者の状況を把握することができます。それはスタッフの業務効率化と共に高品質なケアの実現、利用者の睡眠妨害を防いだりといった利点に繋がります。
またYui見守りステーションの情報(対応確認や呼出し履歴など)を蓄積していくことで、介護計画を立てるデータとして活用し施設のサービス向上にも役立てます。