Yuiステーション(見守り管理システム)

Yuiステーション(見守り管理システム)

これ一台でナースボードにも見守りシステムにもなるYuiステーション

Yuiステーション(見守り管理システム)は、入居者からの呼出表示やベッド内での動き、室内環境、バイタル情報を一括できるシステムです。事務室に一台置くだけで入居者の情報を効率よく把握し、職員の業務負担の軽減につながります。
他にも呼出し履歴やカメラ画面表示などさまざまな閲覧データがあります。タッチパネル式のモニターに映すことで画面上からの操作も可能。パソコンやタブレットなど表示をさせる媒体も選べます。

∴ Yuiステーション(見守り管理システム)活用したナースコール連携について »»

表示画面詳細

Yuiステーション表示画面詳細

呼出し時の表示画面

Yuiステーション呼出し時の表示画面

表示盤の機能をまるごとソフトウェア化。呼び出し時・センサー異常時は、分かりやすく赤色に点灯いたします。入居者の状態を分かりやすく表示させるため、アイコンで体制を表現。また在室状況や照明状態を見ることで、”入居者が室内に戻ってきているのか”、”夜しっかり寝ているのか”等を画面上から判断することができます。
モニターは事務室やスタッフルームなど複数設置し、すべて同じ画面を表示することで情報共有を可能にします。

入居者情報の表示画面

Yuiステーション入居者情報の表示画面

見守りセンサーとの連動で心拍数や呼吸数をリアルタイムに通知することができるので、高度な介護サービスを実現することができます。
また入居の詳細情報をワンタッチで確認することができます。備考などの記入を「申し送り」として活用することも可能。

呼び出し履歴の表示画面

Yuiステーション呼び出し履歴の表示画面

ナースコールの呼び出し履歴は自動的に保存されます。履歴は入居者の名前や呼び出し日時での検索が可能です。また、呼び出し履歴データは汎用性の高いCSVデータとして書き出すことができるので、対応計画や施設運営管理に役立てることができます。


見守りカメラ画面表示

Yuiステーション見守りカメラ画面表示

呼出し時、入居者の様子が見れるよう画面にポップアップ表示をさせることができます。プライバシーを考慮し、撮影は呼出しがあった時点でおこなわれます。
また撮影された映像は録画記録として残し、有事の際の証拠として使えます。


動作環境

OS Microsoft Windows 10 以上
CPU Intel製プロセッサ(Atom、Celeron、Core iシリーズ)
メモリ 2GB以上
HDD 空き容量1GB以上
解像度 SXGA(1280×1024ピクセル)以上