Yuiコールの防犯・見守りカメラ連携(安全見守り・行動把握・防犯向上)

介護現場の見える化で『入居者の安全見守り・行動把握』『施設の防犯向上』を実現

防犯・見守りカメラ連携

最近の介護・医療施設には必ずと言っていいほど設置されているネットワークカメラは、防犯・監視目的だけでなく見守りや徘徊防止としても 利用されています。
また、Yuiコールはナースコールとカメラの連動が可能なので、入居者からの呼出を映像で確認よりきめ細やかな対応が求められる介護、医療の現場の声におこたえできます。
離れた場所から入居者を見守ることができるので、介護現場の見える化・施設のサービス品質の向上につながります。


Yuiコールの見守りカメラは入居者と施設を守る!

居室からの呼出を見える化

呼出応対が顔を見ながらできる、これまでにない「カメラ連携型ナースコールシステム」。
入居者からのコールに顔を見ながら対応できるので、きめ細かな応対が可能です。
もちろん、ハンディナース(PHS)も収容しているので、移動しながらの素早い応対もでき、サービス品質向上とスタッフの労力軽減が図れます。

呼出時、居室の映像を管理PCでモニタリング

出入監視で徘徊を防ぐ

廊下や出入り口へ見守りカメラを接続させることで、 誰がそこを通過したのかすぐに事務所のモニターからチェックできます。
またこの検知はハンディナースへも連絡が行くので、すぐに現場へ向かえます。これにより夜中の徘徊防止対策になります。

廊下・出入口で人物を検知するとカメラが撮影開始、管理PCでモニタリング

防犯カメラで安全対策

玄関先や駐車場、廊下などに設置し、不審者が侵入しないか、訪問者はどういう方かをネットワークカメラで確認できます。
映像内容は録画サーバーを設置しておけば、複数日撮影内容を残せ何か問題が起こった時にすぐ見返すことが可能で、セキュリティ向上に貢献します。

出入する入居者以外の人物を把握、管理PCでモニタリング

呼び出しのイメージ

カメラ連携呼び出しのイメージ

多機能表示機やハンディナースへ通知例

親機やハンディナースへ通知例

『24時間見守り』が介護施設を変えます

見える化によって対応精度向上

居室を巡回することなく、24時間大型モニターで在室/離室、入床/離床などの入居者状態を把握することができるから、少数スタッフでも効率的なケアサービスを行えます。
また、心拍停止や無呼吸、室内温度異常などを自動的に通知するので、異常時の発見が遅れることなく、素早い対応が可能です。

施設のトータル的な安全管理ができる

防犯・監視・見守りを行いたい場所とその目的に合わせてカメラが選択できます。
駐車スペースや出入口・建物裏の防犯対策なら屋外型ネットワークカメラ、入り口・エントランスホールなど人の流れが多い場所には広角モデル、入居者見守りカメラには目立ちにくいコンパクトな埋込み型カメラといった風に、必要な場所に最適なカメラを設置できるので施設の安全対策を万全にすることができます。

Yuiコールの見守りカメラシステム

目的と用途に合わせて選んだネットワークカメラを使用することで、入居者のプライバシーを守りながら確認することが できる見守りカメラシステム。

Yuiコール見守りカメラシステム