無線仕様ナースコール

移動が自由!レイアウトフリーの無線仕様ナースコール

無線仕様ナースコール

Yuiコールの『無線仕様ナースコール』は、居室内への配線工事が不要、常に呼び出しボタンを携帯できる、配置を簡単に変えられるなど複数のメリットがあります。しかし無線はメリットだけでなくデメリットもあり、導入する際は気をつけなくてはいけません。ここではそんな無線ナースコールのご紹介をいたします。


無線ナースコールのメリット・デメリット

❖ 無線ナースコールのメリット

常に呼べる安心を

ペンダント型の呼出しボタンを入居者が持つことにより、居室内のどこにいてもスタッフを呼び出せます。いつでも呼び出せる環境は、入居者へ『常に呼べる安心』を提供することができます。

配線いらずの簡単設置

配線が難しい場所でも無線呼出しボタンなら配線不要(電源接続不要も可能)で簡単に設置することができます。稼働中の施設など有線で配線をするのが困難な場合でも、施設を運営したままリニューアルすることもできます。

配線不要でコストダウン

居室内への設置やレイアウト変更時、配線工事をおこなわなくて済むのでコストの削減が見込めます。
※無線機器にはアンテナや中継機、また、それらへの配線が必要なため、有線式と比べトータルコストが変わらない場合もあります。

❖ 無線ナースコールのデメリット

音声通話ができない

無線ナースコールは呼出し信号を送るだけなので、呼出しの重要度や緊急度を音声通話で確認することができません。

アンテナは有線での配線が必要

無線式ナースコールシステムで使われる通信方式は、特定小電力無線方式のため長距離や障害物によって信号が減衰してしまいます。そこで、無線を中継するアンテナや中継機からの線は有線式となり、それらの機器や配線工事が必要となります。

その他の無線メリット

どこにいてもすぐ対応

どこにいてもすぐ対応 無線ボタンからの呼出をハンディナース(PHS)でどこに居ても受け取ることができます。呼出しの際、ハンディナースの液晶画面に部屋番号が表示されるのでスムーズな対応がおこなえます。

自由な設置で徘徊対策

自由な設置で徘徊対策 徘徊を検知するための人感センサーや開閉センサー。無線タイプなら、取付け、取外しが簡単なので必要なときに、必要な居室だけに設置するなど、状況に合わせて対応することができます。

親機やハンディナースへ通知例

親機やハンディナースへ通知例

無線ナースコールのボタン詳細はこちら >>

無線だけじゃない Yuiコールの優れた機能

無線システムでの相互通話

無線仕様のナースコールシステムは、そのままでは通話ができません。しかし、Yuiコールなら相互通話機器(館内放送設備やコールスピーカー)との連携で入居者との相互通話のシステム構築が可能です。

全館管理システムで施設まるごと対応

Yuiコールなら、無線型ナースコール子機からの呼び出しも大型モニターへ一括表示することができます。ひと目で呼出し中、対応済みが分かるので、スタッフがすぐに状況を把握することができます。他にも呼出し履歴を記録することができるので、ナースコール呼出し対応の証明や呼出し履歴を活用した介護計画の作成をおこなえます。

Yuiコール無線仕様システム構成図

居室への呼出しボタンだけでなく、トイレや浴室など水場での使用ができる防水型呼出しボタンや、人を感知する人感センサーなど多様な無線機器によるシステムを組むことができます。

Yuiコール無線仕様システム