Yuiコールの防災システム連動(火災対策・地震対策・停電対策)

火災・地震・停電…突然の災害から施設を守る

防災システム連動

Yuiコールなら、施設を守るための災害対策システムがナースコールと連動可能です。 施設運営では「火災が起こったら?」「地震が来たら?」「施設内が停電になったら?」など、対策しなければならない非常事態がたくさんあります。
そんな突然の災害に対応するシステムと連携することで、緊急対策をより効率的に、スムーズに行うことができます。


災害に強い安全な施設を作る防災システム

地震をいち早く知ることで避難時間の確保を

緊急地震速報とナースコール連携の仕組み

揺れる前に地震を知らせる「緊急地震速報」とナースコールの連携が可能です。強い揺れが来る前に「地震速報」をナースコール端末から流すことができるので、初期被害が大きいと言われている家具や施設の倒壊から身を守る時間を確保することができます。
また、ハンディナースや館内放送とも連携し、すばやい状況把握、避難誘導が行えます。

ハンディナースがトランシーバーに!
災害時、施設外での待機中、スタッフ同士の連絡をハンディナース※でおこなえます。アンテナを介して通信しないので、停電中やアンテナから離れた状態でもハンディナース同士がそれぞれ電波を拾いトランシーバーのように会話ができます。
※使用可能なハンディナースは多機能ハンディ端末(PHS)のみです。また使用距離に関しては問合せください。

雷による停電時でも施設内の機器を使用可能に

停電対策でのバッテリー稼働の仕組みと、雷による故障への対策

雷による瞬電(瞬間的に電源が切れてしまうこと)や停電は電子機器故障の原因となります。複数の機器を制御するナースコールシステムがダウンしないよう、Yuiコールは非常用電源を内蔵しており、瞬電や突然の停電からシステムほ保護します。

雷で通信機器故障
雷は、電源を通じてナースコール設備に入り込み、故障の原因になる場合があります。弊社では雷ガードの提案も可能ですので、安心して機器を使用する事ができます。

さまざまなセンサーを使ってすばやく火災を発見

火災センサーとナースコール連携の仕組み。

火災に対する対策として有効なのは素早い行動です。まず、火災の発生を素早く検知し通報すること。そこで役に立つのが火災センサーです。煙や熱を感知するセンサーを使い、センサーが反応したらすぐにナースコール端末(親機・ハンディナース)に通知。そのまま館内放送で避難誘導や外部への連絡を行うことができるので、施設の安全対策を強化することができます。

火災に備える対策
ゴミ捨て場や駐車場などの人気のない場所では、不審者の放火による火災の可能性もあります。そこで有効なのが監視カメラ。犯罪抑制効果で効果が期待できるだけでなく、万が一事件発生した際の確認にも使用できます。

多機能表示機やハンディナースへ通知例

火災の親機やハンディナースへ通知例

介護施設の安全性・価値を向上します!

迅速な対応で被害を最小限にできる

例えば緊急地震速報連動ナースコールでは高度利用者向け地震速報でより早く情報が入手可能で、受信した地震速報を多機能表示機に表示し音声通知します。地震をいち早く知ることで避難時間の確保、放送設備との連携でスムーズな避難誘導が可能です。
迅速な対応が可能なので災害発生時も慌てず行動できるようになり、二次災害などの被害の拡張を防ぐことができます。

安全対策の徹底で施設価値を向上できる

ナースコールだけではなく、施設を守るための付加価値として災害対策システムを導入することで、施設価値を向上できます。施設価値が向上できれば、多様化する介護施設の中で他の施設との差別化が実現します。

Yuiコール防災システム連携構成図

緊急地震速報機器や煙センサー・熱センサーなどの異常を探知するセンサーとの連携が可能、非常電源内蔵で安心なYui コールの防災システム連携。

Yuiコール災害システム連携ナースコール