入退室制御(自動ドア・電気錠)

ナースコール連動で施設の入退室を制御

入退室制御(自動ドア・電気錠)

介護施設は、入居者や配達業者などさまざまな人が出入りします。訪問者があるたびに入口に行って解錠指示をするとしたら業務に負担がかかるばかりでなく、不審者を見過ごしてしまうなどセキュリティー対策も低下する可能性もあります。
Yuiコールならナースコールシステムと『入退室制御システム』を連動させることができます。訪問者があった場合、映像で確認し、電気錠の解錠をナースコール端末で簡単に行うことができます。


Yuiコールなら施設の出入口を全て制御

訪問者を把握する

訪問者を把握する

訪問者がインターホンを押すと、モニター上に訪問者の映像をポップアップ表示。業者が来たのか、お客様が来訪してきたのかすぐに判断できるので、すばやく丁寧な対応が可能になります。

※ハンディナース(PHS)や事務室の親機へは音と表示で訪問を知らせます。


相互通話と手軽な解錠

相互通話と手軽な解錠

巡回中のスタッフが所持するハンディナース(PHS)やスタッフセンターの親機へ訪問を知らせる着信が入ります。そのまま来訪者と会話をおこなうことができ、さらにボタンひとつのワンタッチ操作で施錠した電気錠や自動ドアの解錠操作が可能になります。訪問者が来るたびにスタッフが玄関先へ行って解錠する必要がなく、業務の効率を上げることができます。


施設に合わせた制御システム

施設に合わせた制御システム

入退室制御システムは、施設や設置用途によりさまざまなタイプがあります。 あらかじめ登録したスタッフが通る通用門などには生体認証(指紋など)で解錠できるシステム。入居者や外来者の移動を制限したい場所には、特定の無線認証器を持っていなければ通れないシステム。用途にあわせ使い分けることで効率的な施設運営が行えます。


PCモニター・ディスプレイへの表示例

PCモニター・ディスプレイへの表示例

訪問者をポップアップで表示。誰が訪れたのかすぐに見ることができます。

多機能表示機やハンディナースへ通知例

親機やハンディナースへ通知例

入退室制御システムの役割

不審者から入居者を守る

人が少ない夜間時、玄関先や通用口から不審者に入られては入居者にとってとても危険です。入退室制御システムなら時間帯での施錠制御や選べる解錠方法など、不審者や部外者を簡単に入ることができないようにできます。

徘徊防止にも役立つ

入退室制御システムは開閉をスタッフが一括管理することができるので、夜間入居者が勝手に施設外へ出ていかないように対処することが可能です。

スタッフの出退勤記録にも

スタッフが玄関口を出入りした時、事前にスタッフの情報を保存した入退室管理システムを導入することで、解錠と共に出退勤の記録も同時におこなうことができます。これにより別途出退勤を記録しなくてもデータとして情報を管理でき、勤務時間の把握やタイムカードの押し忘れを防ぐことができます。

ハンディナースからの解錠動画

自動ドアに設置した解錠動画

開戸に設置した解錠動画

Yuiコール入退室制御システム構成図

生体認証システムや無線認証自動ドアシステム等さまざまな電気錠を接続可能。入居者やスタッフの出入りをサポートし、不審者対策としても有効な入退室制御システム

Yuiコール入退室制御システム