インカム+システム

インカム+システムで職場環境改善宣言!会議通話、一斉通話、 常時通話で職員間の連携を強化

インカム+システム

介護施設で今、問題視されていることは人手不足です。スタッフひとりにかかる心労は大きく、特に夜勤ではより不安になることもあるでしょう。
そんな職場環境を改善してくれるのが、このYuiコールのインカム+システム。全員で通話状態にすることで、話しあいながら業務をおこないスタッフ同士の連携を高めます。また夜勤の心細い中、常に他のフロアにいるスタッフと会話できることで精神的負担の和らげも期待できます。


インカム+でスタッフ間の連携を強化

精神的負担の軽減と業務効率アップ

精神的負担の軽減と業務効率アップ

常に多人数での通話状態だから、情報をリアルタイムに共有し、相談しながら対応ができるので、精神的負担の軽減や業務効率の向上がはかれます。 例えば、「近くにいる人に用事を頼みたい」といったとき、ハンディナース(PHS)ではいちいち呼び出して居場所を確認する必要がありました。インカムシステムなら「誰か◯◯の近くにいる人お願いします」と声をかけるだけでOK。「誰でもいいから来て」というような不特定の人への応援要請もインカムシステムなら可能です。

他にも夜勤の方がひとりでフロア内をカバーしなくてはいけない時、他のフロアを担当しているスタッフと常に話し合える状態にすることで夜勤中の不安を和らげる効果も期待できます。

これらにより業務効率アップと職場環境の改善ができます。またナースコールがかかってきた場合はグループ通話中でも優先的にナースコールの通知がされ、応答すると呼出のあった入居者との通話に切り替わります。

ひとつでOK

ひとつでOK これまでの設備では、ハンディナース端末(PHS)とインカム端末のふたつを持つ必要がありました。Yuiコールのインカム機能なら、ハンディナース端末がそのままインカム端末として利用できます。

双方向同時通話

双方向同時通話 トランシーバー形式のように交互通信ではなく、多数での同時通話が可能なのでスピーディに情報共有が可能です。最大通話人数は40名。チーム毎にグループ化し、連絡を蜜におこなうこともできます。

長時間通話に適したインカム端末

長時間通話に適したインカム端末

①ハンズフリー通話

ヘッドセットを接続することで、手をふさぐことなく通話可能。着信時の応答は、リモコンボックスから行えるのでPHSをわざわざ操作する必要がありません。

②取替可能な部品で清潔に

イヤホン部分は取替可能。複数人で端末を使い回す場合でも、自分専用のイヤホンを使うことができます。

③防水ケースで水回りでも安全使用

防水ケースと併用することで入浴介助中でも安心して使えます。

④万が一の場面に転倒発報機能

端末が傾いたまま一定時間を超えると他の端末に通知します。

⑤連続通話:約10時間

長時間通話状態にしていても、安心して使用することができます。

※新品の電池パックで動作させた場合の数値です。常温(25℃)での算出値であり、周囲温度や電池の状態によって変わります。電波が安定している場所における算出値です。電波の弱い場所、電波の届かない場所では電池の消耗が多いため、表中の数値とは異なります。

インカム+システム図

ハンディナースがそのままインカム端末になります。常時通話状態にしていてもナースコールがかかってきた場合は優先的にナースコールの通知がされるので、誰が対応するかそのまま通話しながら決めることができます。呼出し場所は、画面上に表示されます。応答した際、呼出しのあった入居者との通話に切り替わります。
グループ設定を組むことで、例えば1階フロアにいるメンバーにだけ一斉に連絡をいれるなど可能になります。

インカム+システム図