Yuiコールのセキュリティ対策

ナースコール連携で防犯もネットセキュリティも対策

ネットワークからの情報漏洩、データ破損や物理的な不法侵入展盗難事件を防止します。

介護施設では、運営に関する情報だけでなく、従業員や施設利用者の大切な個人情報を取り扱っております。そのため、一般的な防犯対策の他にネットワークのセキュリティ対策が必要となります。
Yuiコールなら、ナースコールとの連携で防犯カメラやセンサー類との連携による防犯対策だけでなく、インターネットセキュリティ対策とも連携することができます。


ネットワークセキュリティで施設の重要な情報を守る!

インターネットに接続されている限り、メールや通信などの脅威にさらされていることになります。「介護施設だから関係ない」という考えでは、入居者情報や施設情報の流出の危険性があります。2015年1月からはマイナンバー制度の利用も始まり、ますます個人情報の管理が重要になってきます。

ネットワークの出入口を検問するUTMで脅威をシャットアウト!

ネットワーク上の通信のやりとりを制限する方法としてはファイアーウォールがあります。しかしファイアーウォールは通信を制限するだけであり、ウィルス等を含むメールなどを受信してしまえば感染してしまうことになります。そこでUTM(統合脅威管理アプライアンス)が有効です。通信自体を監視、検閲するUTMを設置することでネットワーク・セキュリティはより強固なものとなります。

UTMなら、インターネット通信での不正アクセスやウィルス感染などの脅威をブロック!安全な通信のみ接続されます。

ネットワークの出入口に設置するだけで煩わしい設定がなく、これ1台ですべてのネットワーク通信を監視・対策することができます。

USB経由感染や情報の漏洩はエンドポイントセキュリティで対策

UTMだけでは、USBメモリー持ち込みによる感染拡大や、データの持ち出しに対処できません。そこでセキュリティ対策ソフトを個々のPCにインストールすることで双方の対策が可能になります。

ウィルス対策ソフトによるエンドポイントセキュリティでネットワーク内部で発生した脅威に備えることができます。

ネットワークの出入口とパソコンの内部、この二つを対策することでウイルス感染の防御をより強固に。他にも迷惑メールをブロックするので危ないメールを減らすことができ、業務の効率も上げることができます。

物理的な防犯対策で施設の重要な情報を守る!

いくらウイルスによる情報漏えいを防いでも、物理的に盗難に入られたりしたら意味がありません。そこで施設内のセキュリティを向上させることで不審者対策をし、犯罪が起こる前に抑制させます。

物理的に情報を守るために必要なのがセンサーと防犯カメラです。センサーは窓やドアからの侵入を検知したり、人の動きに反応したりと施設にあった種類を選ぶことができます。また検知された際、巡回スタッフや事務室の多機能表示機へ着信を入れることもできます。防犯カメラは、何か起こった時の解析に役に立ちます。不審者の映像を録画することで、状況検分や証拠として使用できます。

監視カメラが動作検知したり、センサーが検知すると着信でお知らせ。録画サーバーに記録もしておきます。

センサーで人を検知しスタッフへ発報、防犯カメラで不正を録画するので物理的な脅威からも入居者情報を守ることができます。

防犯カメラで撮影した映像のPCへの通知例

カメラ連携呼び出しのイメージ センサー感知で撮影を開始、映像を事務室のパソコンにポップアップします。

施設の安全性 ・ 信頼性の向上

防犯カメラで目に見える脅威を防ぎ、ネットワークセキュリティ機器で目に見えない脅威から施設を守る

防犯カメラは不審者の侵入を防ぎ、事故やトラブルがあった時の証拠映像として記録を残しておくことができます。センサーが人を感知した際に発報もできるので、徘徊防止にも繋がります。
UTMはネットワーク関連のトラブル対策が可能です。ネットバンキングなどのID・PASS情報が不正に利用されたり、PCの動作がおかしくなり業務に支障をきたしたり、施設内のデータが改ざん・消去されたり、入居者の個人情報が漏洩したりといった問題を防ぎます。

Yuiコールセキュリティ対策構成図

事務室内で使用するパソコンは入居者の個人情報を扱う大事なパソコンです。だからこそしっかりとしたセキュリティ管理をするためにネットワークからの脅威対策と物理的な漏えい防止を徹底的におこなうことで安全な管理をすることができます。

Yuiコールセキュリティ対策連携システム