入退室管理(電気錠)

入退室管理システムの使用イメージ

出入口に設置することで、施設の防犯性・安全性を向上することができる入退室管理

入退室管理をするための電気錠システムです。スタッフの顔や指紋で入退室制御可能な生体認証システムや、自動ドアの通過認証をする無線認証システム連携で、施設のセキュリティを向上させることができます。

∴ 入退室制御を使用したYuiコールナースコール連携について »»

生体認証システム

特長

生体情報システム

顔認証、指紋認証など人体が鍵となり入退室を管理することが可能な生体認証システムです。最大登録数は、顔認証で1,500、指紋認証で2,000となっており、認証スピードも0.9秒以下で入室者をお待たせしないのでストレスフリーとなっています。最大10万件の入室履歴を蓄積します。
新型プラットフォーム搭載で、認証の精度も更に向上しました。顔認証、指紋認証以外にも暗証番号、および非接触ICカードリーダによる管理も可能で、Felica,Mifare,iCODE,Legic,HID iCLASS対応マルチリーダを内蔵し、交通系カード・タスポ等にも対応できます。


仕様
CPU ZK 800MHz
メモリ 256M Flash,64M SDRAM
指紋センサー オプティカルセンサー
カメラ 高解像度赤外線カメラ
電源 12V 2A
寸法 210(H)×88(W)×85(D)mm
重量 0.49Kg

※(株)ワイエフテクノ製複合生体認証システム


無線認証システム

特長 無線認証システムイメージ

無線認証システムでは、かざすことなく持っているだけ(ハンズフリー)で入退室操作が可能です。自動ドアと連携可能なので、不審者や部外者の立ち入りを防ぎながらハンズフリーで利便性が向上できます。スタッフ専用のドアへの入居者の侵入を防止することで、徘徊の防止にも活躍します。

仕様
外寸 W38×H71×D15(単位mm)
質量 約25g(電池含む)
動作温度 気温:-10~50℃
湿度:10~90%
出力信号 無電圧A接点、データ信号
送信周波数 314.33MHz(UHF電波)
受信周波数 133.33KHz(LF電波)

※ナブコシステム(株)製無線認証センサー