新型ナースコールYuiコールに接続できるセンサーには、どんな種類がありますか?

出入口検知センサー、人感センサー、赤外線センサー、離床センサーなど、介護施設の防犯対策・安全対策として使用可能な各種センサーがございます。

出入検知と落下防止、見守りなどのための各種センサー
  • 新型ナースコールYuiコールの拡張機能として、接点出力のある機器・各種センサーと連携が可能です。加重の変化を探知するマット型センサー、人の動きを探知する人感センサー、赤外線を照射しその反射や透過による変化量で物体を検知する赤外線センサーなど、用途に合わせて使い分けることができます。各種センサーは以下のような用途で利用できます。

防犯対策として利用可能なセンサー

不法侵入を発見する出入口検知センサー

ドアの開閉や窓のガラスが割られた時の衝撃を検知し、お知らせすることができるセンサー。これにより外部からの侵入に対してすぐに反応することができます。

不審者を発見する人感センサー

人体表面から放出する赤外線を受診し、人を検出する背景と人体の赤外線エネルギーの温度の差を調べるセンサーです。

不審者を発見する赤外線センサー

赤外線センサーは赤外線ビームを発射し、そのビームを反射したりさえぎったりした物体を検出するセンサーです。

安全対策として利用可能なセンサー

人の動きセンサー(徘徊検知)

人の動きセンサーは、入居者の動きを検知するので徘徊の防止に繋がります。廊下や出入口に設置することで、入居者の移動を知る事ができます。

生活安心センサー(入居者見守り)

生活安心センサーは、トイレや居室等で一定時間人の移動が感じられなかった時に巡回スタッフのハンディ(PHS)端末へ知らせることができるセンサーです。入居者の不具合をいち早く知ることができます。

マットセンサー(行動お知らせ)

入居者の方の行動をセンサーがキャッチして、お知らせをするシステム。ベッドの下や出入口に敷いて徘徊をお知らせするなど、介護の方に代わってセンサーが入居者を見守ります。

ベッドセンサー(離床探知)

転倒・転落の危険性が高く、最も早めの放置が必要な人への安全対策。シーツの下やマットレスの下にベッドセンサーを敷いて、入居者の方の起き上がりなどを検出してお知らせします。

※介護施設の防犯対策・安全対策に活躍するセンサーは全て、新型ナースコール「Yuiコール」と連動が可能です。

│ 安全対策について │ 業務向上について │ 保守について │ その他 │