ナースコールの使い方(仕組み)を教えて欲しい

多機能ナースコール「Yuiコール」の標準的な使い方(仕組み)は以下の通りです。

新ナースコールシステム『Yuiコール』呼び出しのイメージ
    【「Yuiコール」の標準的な使い方(仕組み)をご説明します。】
  • 各居室に設置されている押しボタンが押されることで、ナースステーション(事務所)へ押されたことを知らせるコールが多機能表示機から鳴り、ディスプレイには押された居室番号が表示されます。
  • ナースステーションの多機能表示機(電話機)が鳴ると同時に、巡回中のスタッフが所持するハンディナース(PHS)にも着信が入り、ナースコールを押された居室番号が表示されます。
  • (①)(②)の際、多機能表示機(電話機)・ハンディナース(PHS)を使って、居室に設置されている押しボタン端末から相互通話をすることができます。
  • 従来のナースコール同様、押された居室がすぐに分かるよう、入り口部分の表示灯が点灯します。
  • 対応後、表示灯付近に設置されている復旧ボタンを押すと消灯します。

>>新ナースコールYuiコール基本呼び出し動作説明動画↓

  • ※多機能ナースコールはナースボードの代わりに居室の情報を電子版としてディスプレイに表示し、呼び出し情報を見ることができます。
  • ※さらに押された履歴も残せるので、どの居室からの呼び出しが多いかデーターとして記録できます。
  • ※カメラとの連携も可能です。呼び出しがあった居室の映像をポップアップで表示するなど、様々な使い方ができます。

│ 安全対策について │ 業務向上について │ 保守について │ その他 │