停電時のナースコールはどのようになってしまいますか?

停電対策がされていなければ止まってしまいます。

▼Yuiコールなら停電用バッテリーを搭載できます。

UPS(無停電電源装置)の導入で、停電時も安心してナースコールをご利用いただけます。
  • ナースコールシステムの利用には電気が必要ですので、停電対策がされていなければナースコールは止まってしまいます。病院などの医療機関では、通常、非常用電源が設置されています。ナースコールも非常用電源に接続されていれば、停電時にも継続使用が可能になります。それに比べ、小規模の介護施設などでは施設全体の電気をまかなう非常用電源がない場合が多いのが現状です。
  • 小規模施設におすすめしているナースコールシステム「Yuiコール」には、瞬断用バッテリーと長時間バッテリーの2種類の内蔵バッテリーを選ぶことができます。そのため、停電時も電源がすぐに落ちることはなく、ナースコールの緊急呼出しの利用が可能です。※1
  • また、Yuiコールは無停電電源装置(UPS)に対応しており、無停電電源装置(UPS)を接続することで数時間の延長利用が可能になるほか、別途、停電用電話機を接続すれば、停電中であっても(回線側が使用可能である場合には)外部との連絡が取れるようになります。
  • ※長時間停電する場合は、システムの負担軽減のためにも、電源がついているうちにYuiコールシステムの主電源をお切りになって電気が復旧するのをお待ち下さい。
  • ※無停電電源装置(UPS)を使用する場合には、継続使用で劣化していきますので、安全性の確保のためにも規定年数ごとにバッテリーの交換が必要です。
  • ※1.停電時には一部機能が使用不可となる場合がございます。

│ 安全対策について │ 業務向上について │ 保守について │ その他 │