Yuiコールは予算や規模など、お客様のご要望に合わせて『自由設計できる』ナースコール

Yuiコールは柔軟なシステム設計により、さまざまな機器、システムを自由に組合せることができるナースコールです。
「機能を抑えた低コストシステム」や「高度見守りを実現するシステム」など、さまざまな施設のご要望にお答えすることができます。

【Yuiコール】自由設計ナースコールの秘密

Yuiコール・自由設計のポイント

POINT.

必要な機能だけを組み合わせられる!

今、介護施設に求められるものは「介護品質向上」や「業務負担軽減」、「施設の安全対策」など多岐にわたっています。
自由設計のナースコールYuiコールは、ナースコールの基本機能である「居室のナースコールをセンターで受ける」という基本的なものはもちろん、「見守りシステム」や「見守りカメラ」、「介護記録ソフト連携」、「入退室管理」「防災システム」「セキュリティシステム」などを自由に組み合わせ、システムを構築することができます。
電話設備とPHSとナースコールの基本システムのみでシンプルに、入退室管理やスマートフォン連動、介護記録などを追加して拡張性高くなど選べます。

Yuiコールで実現する組み合せ例

Yuiコールで実現できるナースコールの組合せの中から、ご要望が多い例をご紹介します。シンプルシステムから高付加価値システムまで、施設にあわせて自由に組合せができます。

1 基本を抑えて「低価格」

廊下灯を省いてコストダウン

「ナースコールが鳴れば必ず部屋に駆けつけることになっているので廊下表示灯は必要ない」そんな場合は廊下灯を省くこともできます。
ハンディナースを導入すれば呼出し部屋番号も表示されるので、そもそも表示灯は不要なケースも。
不要な設備を省くことで機器代だけでなく工事費を削減することもできます。
Yuiコールで低価格ナースコール

2 需要の高い「見守りシステム」

24時間365日自動見守りを実現

今、高齢者の「見守り」の重要性が高まっています。体温や血圧、心拍数などのバイタル情報を定期的にチェックすることで、より健康に、より安全に過ごすことを目的にしています。この、必要ではあるが毎日行うことが困難な「見守り」をYuiコールならナースコールシステムに組み込むことができます。
呼吸数や心拍数など入居者様の生体情報や温度、湿度、照度といった居室の環境情報をセンサーにより自動的にモニタリング、情報を蓄積すると同時に異常があればナースコールを呼出します。これにより24時間365日自動見守りを実現することができます。
Yuiコールで見守りナースコール

3 介護記録連携で「業務負担を軽減」

使い勝手の向上と業務負担の軽減を同時に実現

毎日の介護記録やケアプラン作成、予定管理、請求業務など、介護施設の業務をサポートする「介護記録ソフト」と連携することができます。
ナースコールの呼出履歴を「介護記録ソフト」に自動で記録するだけではなく、介護記録端末として使われるスマートフォンをそのままナースコール子機として使用できます。
呼出対応用と記録用に複数端末を持ち歩く必要がなく、使い勝手の向上と業務負担の軽減を同時に実現することができます。
Yuiコールで介護記録連動ナースコール

3 移動も簡単!「無線ナースコール」

使用場所を選ばない無線ナースコール

自由設計のナースコール「Yuiコール」なら、呼出し端末(子機)も選べます。音声通話が可能な有線タイプや移動やレイアウト変更に便利な無線タイプを場所によって切り分けることも可能。
無線タイプのナースコール端末は、カード型やペンダントタイプ、防水仕様など、などさまざまな種類があります。ベッドセンサーや人感センサーなども無線タイプがあるので、既存施設の入れ替えなど配線が難しい場合も最新の無線式ナースコールの導入が可能です。
※無線式のナースコール端末は通話ができませんが、別途館内放送等との連携が可能です。

Yuiコールで無線ナースコール