Yuiコールはいつでも現在進行形。
だからお客様の細かい要望までお応えできる。

Yuiコールはいつでも現在進行形。さまざまな機器、システムとの連動により、お客様の要望、社会的要求に答え、つねに進化しています。 ここでは代表的なものを10点ご紹介します。他に必要な連携や、欲しい機能がございましたら是非ご意見を。社内の開発陣が実現に向け努力いたします。

Yuiコールならここまでできる!

Yuiコールでできる10のこと

POINT.1

スマートフォン連動

Yuiコールは、ハンディーナースの端末としてスマートフォンを使用することができます。
緊急呼出への音声応答はもちろん、他のハンディ端末やケアステーションなどに設置された親機と内線通話することもできます。
スマホに呼び出し

POINT.2

PCによる呼出し表示と履歴の管理

ナースコールボードを、まるごとソフトウェア化。入居者情報画面を大型モニターに表示、呼出しの際は該当の居室が点灯表示されます。
また、呼出履歴のデータは自動で保存されます。保存されたデータは外部出力できるので、呼出状況の確認や介護管理に活用することができます。
呼出し表示で知らせてくれるのでナースボードの代わりになります。

POINT.3

カメラ連動(見守り・防犯)

見守り・防犯・監視カメラと連動できます。
たとえば出入口のインターフォンが押されると、呼出表示用PC画面にカメラ映像をポップアップします。来訪者が確認でき、その後端末の機能ボタンで、電気錠の解錠操作まで行うことができます。
出入口、廊下、居室にネットワークカメラ。スマートホンやタブレット、管理パソコンから閲覧可能

POINT.4

介護記録管理システム連携

介護施設で利用され、給付管理・申請書類の作成などをサポートする介護記録・管理システムとの連携が可能です。
連携により、ナースコールの呼出回数や呼出時間を自動的に記録。介護記録管理業務の効率アップにも繋がります。
介護用記録

POINT.5

無線呼出ボタン接続

無線タイプの押しボタンは、レイアウト変更の多い部屋や、配線の困難な場所におすすめです。
室内の配線工事が不要なので、配線工事費の削減・施設運営向上を実現します。
※無線タイプの呼出子機には通話機能はありません。
※無線式でも中継アンテナは配線が必要となります。
居室に置型、ペンダント型の無線押しボタン。

POINT.6

電気錠、自動ドアのワンタッチ開閉

夜間施錠されてしてしまう出入口や通用門、自動ドアなどに来客があった際も、いちいち確認のために見に行く必要はありません。
ドアホンからの呼出にハンディーナースコール端末やナースセンターの親機で対応、そのまま該当の端末から電気錠や自動ドアの解錠が行えます。
出入り口来訪者に対し、電気錠ワンタッチ解錠とドアホンと相互通話

POINT.7

館内放送設備連動

Yuiコールのシステムは、館内放送設備を組み込むことができます。そのため、業務連絡・地震や火災など災害時の緊急放送をハンディーナースコール端末や親機から流すことができます。
館内放送で業務連絡がスムーズに

POINT.8

防災システム連動

Yuiコールは、火災警報などの防災システムと連動することができます。
火災が発生した際は、ナースコール端末に通知がきます。通知を受けたらそのまま端末から館内放送を行えるので、避難誘導することができます。
火災などの異常をハンディナース端末にお知らせ

POINT.9

緊急地震速報連動

Yuiコールは、気象庁が配信している「高度利用者用緊急地震速報」と連動することができます。
地震速報を受信すると、ナースステーションの親機・巡回スタッフのハンディーナース端末に通知がくるので、そのまま館内放送を利用して避難指示することができます。
緊急地震速報を流すことができます

POINT.10

見守り介護から終身介護まで

離床・呼吸数・心拍数・温度・湿度を把握するセンサーや、見守りカメラが接続できます。入居者の生活状態・生活環境の異常を感知した場合には緊急呼び出しを行う「見守り介護」や、ご家族や医療機関への連絡が素早くできる「終身介護」を視野に入れたシステム・サービスをご提供しています。
終身介護に対応