北海道・東北地方へのナースコール導入事例

小規模多機能型居宅介護施設向けの握り押しボタンを利用した低価格・簡易ナースコール

小規模多機能型居宅介護施設向けの簡易ナースコールの押しボタン
施設概要青森県 / 小規模多機能型施設
床数9床
ポイント

従来の表示灯や復旧ボタンを省くことで低価格を実現したナースコール。利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心に短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せる施設に最適です。各居室のナースコール押しボタンは、握りボタンスイッチを利用することで押しやすくなっており、入居者に合わせた環境を提供することで施設の信頼性につながっています。


高齢者総合福祉施設向け、電気錠との連携で施設の出入管理・安全対策をおこなったナースコール

高齢者総合福祉施設向け出入管理を強化したナースコール電話機
施設概要秋田県 / 高齢者総合福祉施設
床数89床
ポイント

ショートステイとデイサービスと特養が一体化した高齢者総合福祉施設向けのナースコール。表示灯と復旧ボタンは省き導入費用を削減しつつ、職員玄関には電気錠を導入することで防犯性と安全性を高めたナースコールです。出入管理によって広い館内でのアナウンスもしやすいよう、PHSには構内放送機能が割り当てられています。