中国・四国地方へのナースコール導入事例

サービス付き高齢者住宅向け防水・多機能それぞれのPHSを使い分けたハンディナースコールシステム

サ高住向け防水・多機能それぞれのPHSを使い分けたハンディナースコールシステムPHSの種類
施設概要愛媛県 / サービス付き高齢者住宅
床数28床
ポイント

PHS端末を中心としたナースコール。構内放送など呼び出し以外の確認・対応ができる多機能ハンディナース(PHS端末)と、入浴やトイレ介助の際に安心な防水のハンディナース(PHS端末)の両方を導入。用途に合わせて使い分けることで、業務効率の向上を実現しています。


無線環境を構築し、介護記録ソフトやスマートホン連動システムで施設の管理運営をより効率的にしたナースコール

スマートホン連動システムで施設の管理運営をより効率的にしたナースコール事務所の履歴管理PCと簡易表示機
施設概要徳島県 / サービス付き高齢者住宅
床数28床
ポイント

呼び出し履歴を管理するPCとSIPサーバーを導入したナースコール。管理PCは居室、呼出し場所を把握する表示機として使用できます。また、無線ネット環境も導入したのでスマートホンをナースコールとして利用可能。居室からの呼出しをスマートフォンの液晶画面に表示・通話したり、ネットワークカメラの映像をスマホから確認できます。